小児歯科

イーストヒル歯科の痛くない小児歯科

イーストヒル歯科の痛くない小児歯科

東京都荒川区「町屋駅」すぐの歯医者「イーストヒル歯科」では、子どもから大人まで、あらゆる歯科治療で痛みをできるだけ感じさせない「無痛治療」に取り組んでいます。当院の無痛治療は、歯科麻酔医である院長による適切な麻酔をベースとし、麻酔を使用しない場面でも患者様の反応を適宜チェックしながら、痛みを適切に軽減する気配りを行うものです。ここでは、当院の小児歯科で行っている痛くない子どもの歯科治療についてご説明します。

子どもの治療にこそ、痛みを抑えた治療を

子どもの治療にこそ、痛みを抑えた治療を

虫歯の治療では、歯を削ったり痛みが生じたりとさまざまなネガティブな感覚を伴うものです。小さな子どもがこういった体験をすると、怖がってしまうのは当然のこと。この不快な体験がトラウマとなって、将来も歯医者を嫌いになってしまうことすらあります。当院では、子どものうちこそ、痛みを抑えた治療を行う必要があると考えています。

お子さんの歯を守るためには、虫歯になってからの治療よりも予防が大切です。毎日のデンタルケアをお子さん自身でできるようになるのは、小学校高学年くらいから。それまでは親御さんの仕上げ磨きや、適切な生活習慣を身に着けさせてあげる必要があります。もし、歯の治療が必要となったときにも、「歯の治療は怖い・痛い」といった先入観を与えるのではなく、「将来も歯を健康に使うために大切」だということをやさしく教えてあげて欲しいのです。

お子さまへの配慮

東京都荒川区のイーストヒル歯科では、お子さんの歯科治療で、安易に麻酔を使うことはありません。歯の削り方も工夫し、お子さんの反応をしっかり見ながら、できるかぎり痛みを感じさせない処置を行います。ただし、どうしても麻酔が必要となる場合は、歯科麻酔医である院長の手で適切な麻酔を行いますので安心しておまかせください。

なお、お子さんの不安や緊張を和らげるためにも、様子を見て、治療に慣れるまでは親御さんの同席をお願いすることもあります。

当院の小児歯科診療メニュー

ブラッシング指導

ブラッシング指導

虫歯予防の基本であるブラッシングの方法を、お子さんの歯並びや発達に合わせて指導いたします。デンタルケアの大切さを伝え、楽しんでブラッシングに取り組んでもらえるように指導いたします。親御さんの仕上げ磨きのコツについてもアドバイスいたしますので、わからないこと、不安なことがありましたら、お気軽にご相談ください。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯の再石灰化を促し歯質を強化するフッ素を、歯の表面に塗布する処置です。虫歯への抵抗力を高めることが期待できます。ごく初期の虫歯であれば、フッ素塗布で改善することがあります。虫歯予防のためには、定期的なフッ素塗布をおすすめしています。

過剰歯の抜歯

過剰歯の抜歯

お子さんによっては、たまに本来生えてくる本数よりも多く歯が生えてくることがあります。この歯を「過剰歯」といい、歯列や噛み合わせを乱し、周囲の歯に悪影響を与えることがあるため、抜歯する必要があります。当院では、お子さんの年齢や成長に合わせて適切な時期に過剰歯の抜歯を行います。もちろん、このときも痛みをできるだけ感じさせない無痛治療で行います。