知らず

親知らずの抜歯もイーストヒル歯科の無痛治療で

東京都荒川区「町屋駅」すぐの歯医者「イーストヒル歯科」では、歯科麻酔医である院長が無痛治療で親知らずの抜歯を行っています。親知らずの抜歯では、少なからず痛みが生じますが、抜歯技術・麻酔技術のほかにも、患者様の反応をしっかり捉えた気配りで、できるだけ痛みを感じさせない取り組みを行っています。親知らずが生えて痛む、抜歯の痛みに不安感が強いという方は、ぜひ当院へご相談ください。

親知らずとは?

親知らずとは?

親知らずは、前歯からお口の奥に向かって数えて8番目の歯です。永久歯が生えそろったあとで、少し遅れて生えてくる第三大臼歯で、智歯とも呼ばれます。

親知らずは上下の顎に2本ずつ、計4本の親知らずが生えてきます。しかし、現代人の顎は食生活の変化により、古代人と比較して小さくなってきているため、親知らずがまっすぐ生えるスペースが足りないことがほとんどです。そのため、横向きや斜めに生えたり、周囲の歯を圧迫したりしてしまいます。

また、奥歯のさらに奥に生えてくるため、ブラッシングが行き届かず虫歯になりやすい傾向もあります。これらのことから、ほとんどの親知らずは、抜歯することになるのです。

親知らずが身体に与える悪影響

まっすぐ生えて、ブラッシングもきちんとできている親知らずであれば、抜歯する必要はありません。しかし、体に次のような悪影響を及ぼしていると考えられるときは、抜歯が選択されることになります。

虫歯や歯周病になる

虫歯や歯周病になる

親知らず周辺のブラッシングがきちんとできなければ、そこへ歯垢(プラーク)がたまってしまいます。歯垢の中には、虫歯菌や歯周病菌などの病原菌が棲みついていますので、お口の病気を引き起こすリスクがあるといえます。

歯列を乱す

歯列を乱す

親知らずが横向きに生えたり、斜めに生えたり、歯肉に埋まったままだと、他の歯を圧迫して歯並びを乱す原因になってしまいます。親知らずが見えなくても、歯根部分を圧迫していることがあるので、検査で確認する必要があります。

お口のケガの原因

お口のケガの原因

生え方によって、親知らずが歯ぐきを傷つけたり、頬の内側を噛んでしまったりすることがあります。さらに、親知らずの生えている位置によって、転倒時に顎に負荷がかかり骨折してしまうことも考えられます。

顎関節症を引き起こす

顎関節症を引き起こす

親知らずによって、歯列が乱されたり、噛み合わせのバランスが崩れたりすると、顎関節症を引き起こす可能性があります。また、生えている場所によって、顎のスムーズな動きを阻むことがあれば、これも顎関節への負荷となってしまいます。