虫歯治療

イーストヒル歯科の痛くない虫歯治療

東京都荒川区「町屋駅」すぐの歯医者「イーストヒル歯科」は、町屋駅からすぐの歯科医院です。当院では、患者様に治療時の痛みをできるだけ感じさせない無痛治療への取り組みを行っております。虫歯治療においても、麻酔の技術により痛みを感じさせないだけでなく、治療中の患者様の反応や動きに注意しながら、きめ細やかな対応を心がけています

もうみに怖がらなくても大丈夫です

もう痛みに怖がらなくても大丈夫です

一般的な虫歯治療では歯を削ったり歯の神経を除去したりと、特に患者様が痛みや不快感を覚えるタイミングが増えます。イーストヒル歯科では、無痛治療の一貫として、歯を削る範囲をできるだけ少なくする治療を行っています。深い虫歯の穴には「神経を保護する殺菌作用のある」薬剤を使って虫歯菌を除去することで治療を進めていきます。

ただし、虫歯の状態に応じて、神経を除去する「根管治療」が必要となることがあります。その場合も、麻酔などを巧みに使用し、なるべく痛みを感じさせない治療の工夫を行いますので、ご安心ください。

イーストヒル歯科なら痛みを抑えた虫歯治療が可能です

イーストヒル歯科なら痛みを抑えた虫歯治療が可能です

虫歯は、お口の中に生息する虫歯菌が、食後、口腔内に残る糖分をエサに酸を生み出し、それによって歯質が溶かされる病気です。歯質は虫歯で溶かされると、ごく初期以外、自然に治癒することはありません。そのため、虫歯に汚染された部分を除去する治療が必要となるのです。

とはいえ、「虫歯に汚染された部分の除去」には、少なからず痛みを伴う処置が行われます。このことから、「虫歯の治療」⇒「虫歯汚染部の除去」⇒「歯を削る」⇒「痛い」、と連想し、虫歯治療=痛いというイメージを強く持っている方も少なくありません。当院では、治療方針として、患者様に治療時の痛みをできるだけ感じさせない無痛治療のさまざまな工夫を行っています。一人ひとりの患者様のお口の状態に合わせて、その段階に合わせた適切な無痛治療をご提供いたします。

虫歯の進行段階と治療法

虫歯の進行段階は、歯が溶かされている度合いに応じて、COからC4の5段階に分けられます。これに応じて、適切な治療法があります。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

進行段階 症状 治療法
CO(ごく初期の虫歯) 歯の表面(エナメル質)部分が白濁して見えますが、象牙質まで達しているわけではありません。表面だけがわずかに酸によって溶かされています。まだ痛みなどはありません。 この段階であれば、適切なブラッシングを続け、汚れや虫歯菌を減らし、フッ素塗布やミネラルを含む歯みがきペーストなどで再石灰化を促すことができれば、治癒する可能性もあります。
CO(ごく初期の虫歯)
C1(エナメル質の虫歯) エナメル質がさらに溶かされているため、刺激が内側の象牙質に伝わりやすくなっています。冷たいものを口にするとしみる症状が出始めます。この段階でも大きな自覚症状(痛み)はありません。 虫歯に汚染されている部分を削る処置をします。削った後には、レジン(白い歯科用プラスチック)で埋めます。
C1(エナメル質の虫歯)
C2(象牙質の虫歯) エナメル質の下層にある象牙質まで溶かされ始めている状態です。冷たいものだけでなく、甘いものを口にしても歯がしみるようになり、痛みも出始めます。

痛みがあると、治療時に麻酔が必要になります。C1同様に、汚染された歯質を削ります。削った後には、詰め物を取りつけます。

虫歯の程度によって、ドックベストセメントなどの抗菌薬剤を使った処置で治療も可能です。

C2(象牙質の虫歯)
C3(神経まで達した虫歯) エナメル質・象牙質を溶かし、歯の内部を通る歯髄(しずい)まで虫歯が達しています。何もしなくても激しい痛みを感じ、温かいものを口にしても歯がしみるようになります。 この段階まで達すると、歯の内部から神経を取り除く、根管治療(こんかんちりょう)を行う必要が出てきます。当院の根管治療では、麻酔作用のある薬剤を用いて、痛みを感じさせない治療を行っています。
C3(神経まで達した虫歯)
C4(末期の虫歯) 歯ぐきから上に出ているほとんどの歯質(歯冠)が溶かされて、なくなっている状態です。神経が死んでいるため痛みは感じなくなっています。しかし、このまま放置すると、歯の根の内部で膿が生じ、再び激しい痛みに襲われます。 状態によっては、根管治療によって歯の根を残すこともできますが、歯根部も虫歯に汚染されていることが多く、抜歯しなくてはならないケースがあります。抜歯後は入れ歯やブリッジなどで歯を補う必要があります。
C4(末期の虫歯)

高周波を用い、痛みを抑えた根管治療

高周波を用い、痛みを抑えた根管治療

歯の中にある、歯髄(しずい=神経や血管)が通るトンネル状の管を「根管」といいます。ひどい虫歯の場合、この根管内を通る歯髄まで虫歯に汚染されているため、これらを除去する「根管治療」を行う必要があります。

根管治療では、歯質内部を清掃・消毒したのち、薬剤を詰めて被せ物(クラウン)でフタをしますが、このとき内部に虫歯菌が残っていると、歯の中で再発し再治療が必要となります。そのため、根管治療では、精密で正確な治療を行わなくてはなりません。

当院では、お口のバランスを大きく崩す「抜歯」をなるべく避けるために、精度の高い根管治療に取り組んでいます。高周波を根管内に照射することで、虫歯菌を細部まで殺菌する処置も行います。麻酔作用のある薬剤を歯の内部に施すことで、治療時の痛みを抑えた治療を行っています。

虫歯になる前に……

虫歯は細菌による感染症です。そのため、虫歯の症状が出るころには、すでに虫歯が進行している可能性があります。また、進行すればするほど治療が難しくなり、患者様に与える痛みなどの身体的負担、治療費などの経済的負担、通院にかかる時間的負担が増大します。歯に異変を感じたら、できるだけ早く治療を受けるようにしましょう。また、予防で病気を未然に防ぐことが、治療で生じる痛みを0(ゼロ)にする最大の近道となります。

治療が必要になる前に虫歯を未然に防ぎましょう
予防歯科