歯周病治療

歯がグラグラする・歯ぐきから血が出る~歯周病治療~

歯がグラグラする・歯ぐきから血が出る~歯周病治療~

歯周病は、歯垢(プラーク)内に生息する歯周病菌が原因のお口の病気です。初期は歯ぐきに炎症を起こす程度ですが、次第に歯を支える顎の骨を溶かし、歯が抜け落ちてしまうことがあります。また、これらがほとんど自覚症状のないままに進行するのが歯周病の恐ろしい点。気づいたときには手遅れになっているケースも多いため、早めの処置が必要です。

東京都荒川区「町屋駅」前の歯医者「イーストヒル歯科」では、歯周病治療でも痛みをできるだけ感じさせない「無痛治療」を取り入れています。「歯周病かな?」と思う症状があれば、お早めに当院へご相談ください。

お口への影響だけじゃない歯周病の怖さ

歯周病の恐ろしさは、歯を失ってしまうことに加え、全身のトラブルに関与する可能性があるという点です。次のような命に関わる疾患を引き起こすこともありますので、歯周病の予兆があればすぐに対処する必要があります。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

糖尿病 血栓によるトラブル 誤嚥性肺炎 妊婦のトラブル
糖尿病と歯周病はお互いに悪影響を与えやすい病気です。いずれも発症しないよう適切な予防処置を続ける必要があります。 歯周病菌は血液中に入り込むと血栓を作りやすい傾向があり、心疾患や脳血管障害の原因となる可能性があります。 歯周病菌が口腔内から肺へ入り込み、炎症を起こすと、肺炎となります。高齢者の誤嚥(ごえん)性肺炎は歯周病ケアで予防しましょう。 歯周病菌の増加により、子宮を収縮させるサイトカインという物質の血中濃度が高まると、早産や低体重児出産などのトラブルを引き起こします。
タバコと歯周病

タバコと歯周病

喫煙習慣がある方は、歯周病になってしまう可能性が高まります。タバコを吸うことで毛細血管が収縮し、血流が悪くなるため歯ぐきに貧血を起こし、抵抗力が弱まるからです。また、喫煙習慣により血管収縮が続くと、出血が起こりにくかったり歯ぐきが赤くなりにくかったりします。さらにニコチンによる色素沈着で歯周病の自覚に乏しいこともあります。いずれにせよ、喫煙は歯周病を発症・悪化させるリスクが高いため、健康のためにも控えるようにしましょう。

歯周病が糖尿病を引きおこすメカニズム

歯周病による慢性的な炎症が糖尿病を悪化させるという考えが発表されている(Brt.Med.J)

歯周病が糖尿病を引きおこすメカニズム

無痛歯周病治療

歯周病治療では、歯のクリーニングや歯石除去が基本となりますが、当院ではこれらに加え、歯周病に効果が見込める薬剤や、高周波治療器を活用した治療を行っています。

高周波を活用した歯周病治療

高周波を活用した歯周病治療

高い周波数の電気を流すことで、口腔内の歯周病菌を発熱させ殺菌します。痛みはほとんどなく、治癒期間の短縮が期待できます。高い周波数の電流に対して感度が鈍くなる人体の性質を応用した治療方法で安全なものです。

薬を使った歯周病治療

歯周病の原因菌に作用する薬を用いた治療を行います。口腔内へ直接薬剤を投与する方法と内服薬を処方する方法があります。

噛み合わせの調整

歯周病が進行すると歯がグラグラしてきますが、ここへ咬み合わせの強い力が加わると、さらに歯周病の悪化を招きます。当院の歯周病治療では、咬む力のバランスを分散させる処置を他の処置を組み合わせることで、歯周病の改善を図ります。

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)

初期の歯周病の行う治療方法です。基本的には、歯周病菌が住み着く歯垢が付着しやすい歯石を口腔内から除去を目的とします。専用器具を使って、歯周ポケット内(歯と歯ぐきの間の溝)にたまる歯石や歯垢を取り除きます。仕上げに歯根や歯の表面をなめらかにして、歯垢の再付着を防ぎます。

定期的クリーニング

毎日のセルフケアでは取り除けない歯石や歯垢を、専用器具を用いて徹底的に落とします。専門家の目で丁寧に行われるクリーニングは、虫歯や歯周病などの細菌(歯垢内に生息)が原因のお口のトラブル予防に非常に有効です。

歯周病も予防歯科で未然に防ぎましょう
予防歯科